茨城書道美術振興会とは
 本会は茨城県下の主な書道団体を網羅し、セクショナリズムを排した書道団体で、書道美術の振興と書道文化の高揚をめざし、中央書壇と密接なる交流を持ちながら、会員の友好を深め、県書壇の発展に寄与することを目的とする会です。

新着情報
最高峰の作品集結 水戸 日本の書展茨城展開幕
茨城新聞:2018年04月15日掲載
 「第45回日本の書展茨城展」(茨城書道美術振興会、茨城新聞社主催)が14日、水戸市千波町の県民文化センターで開幕した。現代書壇の最高峰の書家と県内の第一線で活躍する書家の作品、合わせて369点を会派を超えて一堂に展示する。19日まで。
 開幕式で、茨城書道美術振興会長の小田部卓茨城新聞社長が「全国的にみても茨城の書道界は上位。若手も成長しており、会員と共にさらなる精進を目指す」とあいさつ。吉澤鐵之(てつし)理事長は「この書展のおかげで、茨城の書壇は団結力と実力が正比例して伸びている。今後も回を重ねて努力していく」と述べた。続いて、主催者と来賓代表がテープカットを行った。
 初日は書家が来場者の前で執筆する席上揮毫(きごう)や奨励賞の表彰式を行った。
 同展は1973年から続く県内最大規模の書道展で、全国巡回の「現代書壇巨匠選」や「茨城書壇招待作家展」など5部門で構成。会期中、出品者によるギャラリートークのほか、協賛チャリティー色紙展示即売会と第18回茨城新聞学生書道紙上展の入賞作品の展示を合わせて行う。(勝村真悟、写真は根本樹郎)
日本の書展茨城展が開幕し記念写真に納まる出席者ら=水戸市千波町
日本の書展茨城展 力強い席上揮毫 3氏、それぞれの書体
茨城新聞:2018年04月15日掲載
 水戸市千波町の県民文化センターで14日に開幕した「第45回日本の書展茨城展」会場では、幅広い年齢層の人たちが訪れ見つめる中、茨城書道美術振興会常任理事の小沼典弘さん(66)、小野江華さん(64)、中島鸞山さん(67)の3人が席上揮毫(きごう)を行った。古代文字や春らんまんな情景が伝わる作品を書き上げた。

 最初に筆を起こした小沼さんは、中国・前漢時代の木簡に用いられた字体で「寧」の一字を書いた。ダイナミックな筆運びで、懐が深い作品に仕上げた。
 小野さんは花びらが舞うように染めた桜色の紙に行草体で「鶯語花舞(おうごかぶ)」としたため、花であふれた県内の景色をほうふつとさせた。
 中島さんは「子々孫々永宝」を古代文字の金文体で披露。勢いよく筆を走らせ、絵のように造形豊かな作品を完成させた。
 ひたちなか市立勝田二中2年、成田望愛(もえ)さん(13)は「行草体が好き。楽しんで、リズミカルに書くのはこういうことかと分かった」と話し、揮毫に見入っていた。
(大貫璃未、写真は根本樹郎)
 同展「茨城書壇選抜展」奨励賞受賞者は次の通り。(敬称略、順不同)
 吉澤太雅(水戸市・茨城書壇代表作家推挙)▽辻和香(水戸市)▽笹島節子(同)▽永藤窓風(同)▽徳重篤鵬(ひたちなか市)▽川﨑一葦(同)▽西野香葉(同)▽田畑大舟(古河市)
席上揮毫する小沼典弘さん、小野江華さん、中島鸞山さん(右から)=水戸市千波町
「日本の書展茨城展」 18年4月14日開幕
茨城新聞:2017年12月07日掲載
 茨城書道美術振興会(会長・小田部卓茨城新聞社長)は12月6日、水戸市内のホテルで、理事会と役員会を開き、中心事業の「第45回日本の書展茨城展」を2018年4月14〜19日に同市千波町の県民文化センターで開くことを決めた。

 小田部会長はあいさつで、第45回展で4回目となる席上揮毫(きごう)のほか、今年初めて行ったギャラリートークや、好文亭(水戸市)のふすま絵の修復に使う和紙に来場者が書や墨絵を書く催しを引き続き開催することに触れ、「一人でも多くの人に足を運んでもらえるよう努力する」と話した。

 理事会に先立ち、第18回茨城新聞学生書道紙上展(来年2月中旬に特集掲載予定)の最終審査があり、応募1万453点の中から特別賞20人が決まった。吉澤鐵之理事長は「書道文化のユネスコ登録の動きなどもあってか、全国でも応募が大幅に増えた学生展がある。来年は増やしたい」と意気込んだ。

 受賞者は次の通り。(敬称略)
 ▽県知事賞 佐藤結子(水戸一高3年)▽県議会議長賞 江幡里奈(水戸葵陵高2年)▽県教育長賞 藤田千鶴(竜ケ崎一高1年)菊池彩花(那珂市立第一中3年)丹治光(笠間市立岩間三小6年)▽水戸市長賞 橋本樹里(日立一高3年)佐久間大登(那珂市立第二中2年)宮部愛梨(笠間市立友部小5年)▽水戸市教育長賞 小林未歩(茗溪学園高2年)草間光喜(高萩中3年)根本真希(日立市立助川小4年)▽県子ども会育成連合会理事長賞 佐々木心結(同市立櫛形小3年)松森愛佳(東海村立舟石川小2年)岩松美琴(那珂市立五台小1年)▽茨城新聞社長賞 水沢一暢(水戸葵陵高1年)国府田羚(下妻市立東部中1年)山野珠々菜(水戸市立笠原小6年)▽茨城書道美術振興会理事長賞 大竹遥(高萩市立秋山中2年)成田望愛(ひたちなか市立勝田一中1年)神谷乃愛(結城市立城南小5年)
第18回茨城新聞学生書道紙上展の審査を行う吉澤鐵之理事長(中央)ら=水戸市宮町
茨城書道美術振興会が総会 吉澤理事長ら再選
茨城新聞:2017年05月30日掲載
 茨城書道美術振興会は29日、水戸市内のホテルで2017年度総会を開き、役員改選で小田部卓会長(茨城新聞社長)や星弘道名誉顧問、吉澤鐵之(てつし)理事長らを再選した。16年度収支決算報告、17年度事業計画などを承認した。
 総会では、4月に開かれた「第44回日本の書展茨城展」の成果が報告された。17年度事業計画では、第18回茨城新聞社学生書道紙上展の応募受け付けを11月6日から始め、第45回展を来年4月14〜19日に開くことなどを決めた。
 再選された小田部会長は「会長になり今年で11年目。全国屈指のレベルの高い振興会に育ってきた。若手を育てるなど充実した活動をしていきたい」と力を込めた。吉澤理事長は、昨年の日展で役員らが活躍したことに触れ、「引き続き協力し書道界が他からもうらやましがられるような会になっていくよう頑張りたい」と話した。
 鈴木赫鳳、吉澤石琥両副理事長らも再選された。
茨城書道美術振興会の総会であいさつする吉澤鐵之理事長=水戸市宮町
色紙展の収益、30万円を寄託
茨城新聞:2017年05月31日掲載
 茨城書道美術振興会(吉澤鐵之理事長)は29日、県内書家によるチャリティー色紙展示即売会の収益金の一部、30万7896円を茨城新聞文化福祉事業団に寄託した。今年4月に行われた「第44回日本の書展茨城展」に合わせて開催した。
 代表して吉澤理事長が、同事業団理事長の小田部卓茨城新聞社長に目録を手渡した。
目録を手渡す吉澤鐵之理事長(中央左)=水戸市内のホテル
巨匠に若手、秀作一堂 水戸、日本の書展茨城展 開幕
茨城新聞:2017年04月16日掲載
 日本書壇の巨匠から本県期待の若手まで秀作を一堂に集めた「第44回日本の書展茨城展」(茨城書道美術振興会、茨城新聞社主催)が15日、水戸市千波町の県民文化センターで開幕、初日から大勢の人が訪れた。書家3人による席上揮毫(きごう)も行われた。期間は20日まで。

 1973年から続く県内最大規模の書道展で、全国巡回の「現代書壇巨匠」や「茨城書壇招待作家展」など5部門に総勢364人が出品した。
 開幕式で、茨城書道美術振興会長の小田部卓茨城新聞社長が「若手が順調に育っている」とあいさつ。吉澤鐵之(てつし)理事長も「書道、美術界のために一致団結していきたい」と述べた。引き続き、主催者と来賓代表によるテープカットが行われた。
 開幕に先立ち、奨励賞受賞者と、第17回茨城新聞社学生書道紙上展の上位入賞者の表彰式が行われた。
 期間中は、出品作家によるギャラリートークが初めて行われる。また、来場者が和紙に「夢」など思い思いの文字を書にしたためて、好文亭のふすま絵の修復作業に参加できるコーナーが設けられる。(大貫璃未、写真は嘉成隆行)
日本の書展が開幕し記念写真に納まる出席者ら=水戸市千波町の県民文化センター
書家3人、席上揮毫 個性豊か、歓声とため息
茨城新聞:2017年04月16日掲載
 水戸市千波町の県民文化センターで15日に開幕した「第44回日本の書展茨城展」は、茨城書道美術振興会常任理事の、?瀬霞山さん、鶴見香萩さん、山村青雨さんの3人が席上揮毫(きごう)に臨み、個性豊かに筆さばきを披露。取り囲む観客が一心に見つめる中、書に向き合う心を見せた。

 緊張感が漂う静かな会場は、筆を置く音、運ぶ音だけが聞こえ、3人が書き上げると歓声と感嘆のため息とともに、室内に墨の香りが広がった。
 希望に湧く字を選んだ?瀬さんは、「湧泉」の2文字を「日本刀で切るように」気迫のこもった運筆でしたためた。最後の一筆は先端の余韻を出そうと、自然と出たという気合の一声とともに締めた。「人前で書くことがなく慣れない環境だったが、紙に挑む気持ちで臨んだ」と話した。
 若草色の紙に「蝶舞百花風」としたためた鶴見さん。流れるようなリズムで、春の情景を描き出した。創作には力がいるが、それを感じさせない優雅な姿を観客の目に残した。
 山村さんは、うねるような線など豊かな表現で「璧玉」を勢いよく書き上げた。璧は古代中国の玉器の一種で円形状。線の延長線上に円が生まれるよう意識し、多彩な表情を生み出した。
 夫婦でひたちなか市から訪れた福田仁さん(75)は、「神業のよう。書は偶然ではなく、一点一画。自分の思い描く通りに線を引いていくとよく分かった」と話した。
 同展の5部門の一つ「茨城書壇選抜展」で、優れた作品に与えられる奨励賞も決まった。(大貫璃未、写真は嘉成隆行)
 奨励賞受賞者は次の通り。(敬称略、順不同)
 保坂和風(水戸市・茨城書壇代表作家推挙)▽菅澤智浄(鹿嶋市)▽国天和華(ひたちなか市)▽大和田豊久(那珂市)▽遠藤文葉(北茨城市)▽石川國博(日立市)▽前田竹雪(同)▽曳沼玲鳳(同)▽渡辺海風(同)▽吉澤太雅(水戸市)
席上揮毫する山村青雨さん=県民文化センター
児童生徒、書に思い 水戸、好文亭ふすま絵修復
茨城新聞:2017年04月16日掲載
 偕楽園(水戸市)の好文亭のふすま絵修復の一環で、15日から同市千波町の県民文化センターで始まった「第44回日本の書展茨城展」の会場に、来場者が和紙に墨で文字を書くコーナーが設けられている。20日まで。
 文化財の修復に一般の人も携わり、タイムカプセルのように次回修理の60年後の未来へ思いをつなげる企画。作品は、修復時に下張りとして使用される。
 この日は、第17回茨城新聞社学生書道紙上展で上位入賞した小中高生16人が、石州和紙に一筆一筆丁寧に書き上げた。「思いのままに」を選んだ北茨城市立中郷一小6年の山野辺天(そら)さん(11)は、「60年後も自分の思うように生きていたい」と願いを込めた。
 茨城書道美術振興会名誉顧問の星弘道さんと同理事長の吉澤鐵之(てつし)さんも揮毫(きごう)した。作品は乾燥させるため5月下旬から約半年間、弘道館に展示される。 (大貫璃未)
好文亭のふすま絵修復用の和紙に文字を書き入れる子どもたち=水戸市千波町の県民文化センター、嘉成隆行撮影